TOE&TOI

Our Journal

TOE&TIEの結婚式

01.26.2016

はじめまして、TOE&TIEの菅田です。
既にご存知の方も沢山いらっしゃることと思いますが、昨年は私のわがままでニューヨークへ1年間行かせてもらい、沢山学び、ゆっくり充電させて頂きました。
そして今年より、このTOE&TIEのパートナーとして改めて二人で本格的に活動を進めさせていただきます。

既に今年ご結婚式を挙げられるお客様とのお打合せはスタートさせて頂いておりますが、このブログでご挨拶するのは初めてになりますので、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

 

きっとこのブログを読んで下さっている方は、これからご結婚式を控えられたご新郎ご新婦のお二人、もしくはいつかの未来の花嫁さまなど、結婚式に夢描き、沢山の想いをもって読んで下さっている方が殆んどなのではないかなと、想像しています。
同時にそうであれば嬉しいなとも思いつつ、いつもブログを書く時には、見えない皆さんをイメージしながら、こんな風に感じて頂きたいな〜と勝手に思いながら綴っております。
時には、ただただ自分の出来事をひたすら書き綴ったりと、気ままに書かせてもらっています。

 

いずれにしても、このブログを通じてこれから結婚式を控えているお二人に、結婚式の素晴らしさとか、楽しさとか、幸せな気持ちを心から感じてもらえるような、そして少しでもお役に立ててもらえるものをお伝えできればと思っています。
言葉でお伝えするのはいつも本当に難しいですが、「結婚式」という誰もが幸せ溢れる素敵な1日を、皆さんに心から楽しみにしてもらいたい。
それが、私たちの願いです。

 

私たちはそんな「結婚式」というものに魅せられ、このウェディングプランナーという仕事に魅了され、抜け出せなくなった二人です。
そして、こんな幸せなお仕事は他には無いと真剣に思っている幸せものです。笑

そんな私たちTOE&TIEの結婚式で大切にしていることは、その同じ想いを持ったアーティスト達と共に、みなさまの結婚式を創り上げること。

 

気づけば、今年でウェディングプランナーとなり丸15年が経ちました。あっという間だったようで、とても長く、濃い15年間、とても沢山のことを学ばせてもらいました。そして、本当に沢山の方々に出逢わせて頂きました。

昔と今、変わらないことは、結婚式が大好きだということです。その想いは誰よりも負けない!
と思っていた私ですが、同じだけの想いを持った白石と出逢い、
そしてまた、同じくらいの想いを持った沢山の仲間達に出逢え、このTOE&TIEとして活動させてもらうことになりました。それからあっという間に1年が過ぎました。沢山の方々に応援してもらい、協力してもらい、見守って頂いているからこそ、出来ること。周りにいる全ての人たちに、心から感謝しています。

 

2016年、既に沢山の御予約を頂いており、今年も沢山の素敵なカップルの方々の結婚式に携わらせて頂けることを心から嬉しく思っています。

もうすぐ2月。寒い寒い1ヶ月になりそうですが、もうすぐやってくる春を心待ちにしつつ、2016年の1度しかやってこないこの冬を、もうしばらくは楽しく過ごしたいと思います。

 

菅田

+++

愛溢れる1日

01.21.2016

DATE:2015.05.30
PLACE:Guggenheim House

 

 

0026 0055 0065

はにかむ笑顔がとっても可愛い新婦harukaさん、
時折見せてくれる屈託のない無邪気な笑顔が素敵な新郎takumaさん。
いつ見ても惚れ惚れと見とれてしまう、美男美女なお2人です。
お付き合いも長かったお2人。
そうなるとつい馴れ合いになってしまいがちだけど、
いつもお互いを気遣い合うお2人の姿は素敵でした。

 

その日は清々しく爽やかなお天気で、まさに五月晴れ。
新婦「春香さん」のお名前のように、春の香りを感じる、お天気に恵まれた1日になりました。

 

新郎takumaさんはwedding photoカメラマン。
結婚式の1番のこだわりは
「とにかくゲストに寛いで楽しんでもらうこと」
結婚式の現場をたくさん見てきているtakumaさんだからこそ言える、心からの想いです。

 

自分たちも肩肘はらず、自然体で楽にいることでゲストもきっと寛いでくれるだろう・・
そんな想いで、お忙しい中一生懸命を準備を頑張りました。

0097 0189 0216 0217 0223 0253

 

 

ゲストのウェイティングスペースには、お2人、ご友人、家族との大切な写真をディスプレイ。
撮影をしている人の気持ちや、写真に写っている人の想いが伝わるような、とても素敵な写真ばかり。

0042 0041 0199

 

 

当日の撮影は、takumaさんの職場のカメラマンの方々にして頂きました。
もちろんtakumaさんも自らシャッターを切ります。
気心しれた方に撮影をしてもらうのって、こんなに残る写真が違うんだと思うぐらい、
準備が大変で何日かほとんど寝てないだなんて全く思えないぐらい、
どれもリラックスしたお2人らしい表情をした写真ばかり!

 

takumaさんに撮影してもらった写真のharukaさんはどんな表情をしているんだろう・・・
「春香も撮っても見る?」なんて言われて、嬉しそうにカメラを持って撮影するharukaさんの無邪気な姿がとっても可愛くて思わず抱きしめてくなりました。(笑)

050902530467 0466     0449 05160518 0415

 

 

 

ひとりっ子で大切に大切に育てられたharukaさん。
挙式では、いままで愛情いっぱいに子育てをされてきたお母様の最後の役目と言われる「ベールダウン」
をお母様がして下さいました。

新郎様のもとへ歩かれる後ろ姿をどんな想いで見つめていらしたのだろう・・・
寂しさ、嬉しさ・・・きっとそんな想いが入り混じっているんだろうな・・・
そんな事を感じる写真です。
060306330632

 

 

打ち合わせの時、「僕は泣かないと思います」っておしゃっていた新郎takumaさんでしたが
新婦harukaさんがバージンロードを歩いてくる姿をみて、込上げるものがあり、目が潤んでいらっしゃいました。

そんなtakumaさんの様子を、照れくさそうに大きく口を開けて笑いながら、でも少し潤んだ目をしながら、
バージンロードを歩くharukaさんの姿はとても可愛いく、私にとって印象的で忘れられない一場面となりました。

0623 0336 03280666 032406700339

 

 

アパレルでお勤めのharukaさん。
いつもとってもおしゃれで、常にシンプルでいいものを選び、ご自身に似合うものをとてもよく分かっていらっしゃいます。
だからこそ、ドレスにもしっかりとこだわってオーダーをされ、身につけるアクセサリーもご自身でしっかりチョイス。シンプルながらも随所にこだわりを感じるスタイリングはゲストの方にも大好評でした。

0827 0831 0835 0837 0858 0872 0551

 

 

「美味しいごはんとお酒」にこだわり、
何度も足を運んで試食をしてゲストのために選んだお料理は、お重で出す和食。
ご夫婦でされており1組1組丁寧に接客をしながら、お料理を出してくれる、明石にある料亭で、普段ではなかなか味わえない、そんなお店です。

そんなお料理に合うお酒もお2人でしっかりと選び、ゲストに「美味しいごはんとお酒」を楽しんでもらいました。
0911 0920 0965 1000

 

 

お色直しで中座をする場面。
新婦harukaさんのエスコート役は、やっぱりお母様。
少し照れくさそうに恥ずかしそうに、でもとっても嬉しそうに腕を組んで歩くお2人の姿はまるでお友達同士。

 

 

新郎takumaさんもエスコート役はお母様。
とっても嬉しそうに、ご自身のお席から小走りをしながら出ていらっしゃり、takumaさんに抱きつくお母様。

こんなに素直に感情を表現出来るお母様の姿はとても素敵でした。
最初は笑っていたtakumaさんも、そんなお母様の姿に目頭を熱くされていました。

11761204 1209

披露宴が終わった後、takumaさんのお母様とお話をさせて頂いている中で
私も2児の娘を育てる親として、お母様にこんな事を聞いてみました。
「男の子を3人育てるって大変だったでしょう」すると
「大変な事もあったかも知れないけど、3人の成長が嬉しくて幸せな事しか覚えてないのよ」って
心からの笑顔でそうお話して下さいました。
そして「子育てって本当にあっという間だから楽しむのよ。」って。
プランナーである事を忘れてしまうくらい(笑)、お母様のお話に聞きってしまい、1人の母として教えてもらう事もたくさんありました。

 

そして、お色直しは、ご自身のお店で扱っていらっしゃるドレスをお召しになられました。
harukaさんの愛らしさとワイルドフワラーを使った個性的なブーケとナチュラルなヘアスタイルのバランスが絶妙で
とっても可愛くて、周りのスタッフと一緒に興奮してキャーキャーはしゃいでしまいました。(笑)

1256 1272 1278 1320 1463 1625 1643

 

たくさんの愛に溢れた1日は、どのお写真を見ても、お2人が笑っているお写真ばかりです。
結婚式は、たくさんの時間をかけて準備をして、当日を迎えます。
たくさんの思い出は残りますが、形として最後に残るものは写真と映像だけです。
ウェディングプランナーとして、結婚式の写真の大切さというものは誰よりも分かっていたつもりでしたが、
改めて今回の結婚式の写真を見て、大切な瞬間を切り取って写真に残す事の素晴らしさを教えてもらいました。

 

お互いへの愛、ゲストへの愛、ゲストからの愛、家族の愛、家族からの愛・・・が全て写真に表現されていたように思います。

これからお2人は、何年、何十年と時間が経っても、この日の写真を見て、
当日の事、その瞬間の想い、感じた事、ゲストへの感謝、お天気のこと、香り、季節、時間・・・
を鮮明に思い出されるんだろうと思います。
結婚式でそんな写真が残せるなんてとても幸せな事だと思います。

そんなお写真を見ながらブログを書いていると、またお2人に逢いたくなります(>_<)

これからも笑顔に溢れた家庭を築いてくださいね!

どうぞお幸せに✴︎

+++

ALL YOU NEED IS LOVE

01.14.2016

 

DATE:2015.9.5
PLACE:Guggenheim House

 

「ALL YOU NEED IS LOVE」

 

愛さえあれば何もいらない
愛こそはすべて

 

「今まで育ててくれた両親に、大切な友達にもらったたくさんの愛のおかげで
今日の日を迎える事が出来ました。みんなに感謝の気持ちを伝えたい」

THE BEATLESが大好きなお2人が、そんな想いで決めたコンセプト。

実直で、誠実を絵に描いた新郎yuichiroさんと、
そんなyuichiroさんの横で穏やかにいつもニコニコと微笑んでいる新婦mikaさん。
そんなお2人にぴったりなメッセージです。

 

 

慌ただしいはずの前日の準備は、お2人とても楽しそうで、そんな姿に一緒に準備をしている私たちスタッフもとっても癒されました!

yhh0026

yhh0046

ゲストが待つ部屋には、お2人が好きなものをディスプレイし、
お2人の事を知ってもらう空間を作りました。

yhh0069

yhh0086

yhh0068

 

 

 

気持ちよく晴れた結婚式当日。
お支度中のmikaさんの、とても穏やかで優しい表情がとても印象的でした。

yhh0118

yhh0120

 

 

当日までyuichiroさんにドレスは内緒。普段は、とてもシャイで口数も少なめのyuichiroさん。
そんな彼が「どんな反応をしてくれるかな♪」と楽しみにしていたmikaさん。

yhh0152

「わあ!かわいい!」
って一生懸命気持ちを表現してmikaさんに伝えようとしている姿が、健気で素敵で、心を打たれました。
「わざとらし〜い(>_<)」って笑いながらもとっても嬉しそうなmikaさんの表情がとても可愛かったな〜・・

yhh0156

yhh0074
yhh0202

 

 

テーマカラーは「白」と「ネイビー」✴︎
装飾や、花、アペリティフにも、テーマカラーを取り入れて表現。
お2人らしい空間にゲストも楽しんでいました。

yhh0247

yhh0259

yhh0280

yhh0107

 

 

バージンロードを歩く時、緊張で表情が少し硬くなってしまったお父様。
mikaさんへの愛情、お嫁さんになる事の嬉しさと寂しさが入り混じる表情がとても印象的でした。

yhh0330

yhh0334

yhh0357

yhh0366

yhh0420

yhh0471

 

 

披露宴は、ゲストからの愛情が溢れ、お2人の人柄同様、優しい時間が流れる温かい披露宴になりました。

yhh0542

yhh0673

 

 

 

大学で音楽を勉強していたmikaさん。
ご友人達も本格的にピアノや声楽をされている方ばかり。
本格的過ぎる、余興の「てんとう虫のサンバ」はゲストも巻き込み大盛り上がりでした!

yhh0610

yhh0679

yhh0695

yhh0702

 

 

披露宴の最後は、家族で演奏。
mikaさんはピアノ、yuichiroさんはギター、両家のお父様はサックスとフルートを演奏。

yuichiroさんのお父様が
「mikaさんと一緒に演奏が出来る事が何よりも楽しいんです!」
と嬉しそうにお話しをして下さいました。
音楽でコミュニケーションが出来るってとても素敵な事です。
家族で演奏をし、ゲストへの感謝の気持ちを伝えました。
ゲストも心がこもった演奏に聴き入り、mikaさんのお父様が一生懸命サックスを吹く姿に、mikaさんへの愛情を感じ、涙をする方もいらっしゃいました。
音楽で気持ちを表現し、それが伝わる事の素晴らしさを肌で感じさせてもらいました。

yhh0748

yhh0754

yhh0818

yhh0871

yhh0889

照れ屋でシャイだけど、誠実でとても優しいyuichiroさん。
そんなyuichiroさんを天真爛漫に笑顔で支えるmikaさん。
結婚式の様に、きっと温かい家庭を築いていかれるんだろうなと思います。
これからもずーっとお幸せに✴︎

+++

謹賀新年

01.04.2016

明けましておめでとうございます!
年末年始いかがお過ごしでしたでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・

 

2015年はたくさんの新郎新婦様と出逢う事が出来、幸せな瞬間にたくさん立ち会わせてもらい、たくさんの幸せを共有させてもらい、あらためて結婚式の仕事に携われている事に感謝の1年でした。

 

「良い結婚式ってなんだろう」に出た答え…

 

「誰と」結婚式を創るかという事。

結婚式に携わる全ての人の想いが一つになる事。

 

この想いを大切にし、伝えたい。
そんな想いからうまれたTOE&TIE。
原点となったこの想いに真摯に向き合い
2016年も新郎新婦様とたくさんの幸せな時間を共有出来たら、そんな幸せな事はありません。

決意を新たに2016年も素晴らしい結婚式にたくさん携われる事を願っております。

 

今年もどうぞ宜しくお願いいたします!

 

TOE&TIE

白石・菅田

+++

ご報告と今後のTOE&TIEの活動について

11.07.2015

11月になると、年末まで時間があっと言う間に過ぎていってしまいます。
だからこそ、1日1日を大切に過ごしていきたいなと、この時期になると毎年そんな事を思いつつ、、、あっという間に過ぎてしまう今日この頃・・笑

 

さて、ご報告が遅くなりましたが、TOE&TIEの菅田がニューヨークから帰国致しました!

帰国後すぐ、時差ボケが残る中で、しっかり現場復帰も果たしてもらいました。笑

 

TOE&TIEとして、2015年度はたくさんの新郎新婦様はじめ、素敵な出逢いに恵まれ
とても幸せな環境で結婚式の仕事に携わらせて頂きました。
出逢って頂いた新郎新婦様、パートナーさん、ご協力頂いた皆様のお陰で、
結婚式という仕事の素晴らしさ、楽しさをさらに感じさせて頂く事が出来ました。
感謝してもしきれません。本当にありがとうございます!!

 

2016年度は、皆様から感じさせてもらったこの想いを更に形すべく、
パワーアップして帰国した菅田とともにプロデュースの幅を広げて行きたいと思います。

また、ブログをはじめ、HPの更新など、TOE&TIEとしての発信を増やし、想いを伝えていく機会も更に増やしていきたいと思っております。

 

2015年度は、月に1組ないし最大2組様を限定でプロデュースをさせて頂いており、
たくさんのお客様にお断りしないといけない状況も多々ありましたが、
2016年度はなるべくお問い合わせ頂いたお客様のご希望に沿うことが出来る様、
2人で準備を進めていきたいと思っております。

 

2016年の春のプロデュースに関しては、すでにたくさんのご予約を頂戴しており
お受け出来ない月がほとんどではありますが、
出来る限りご相談もさせて頂きたいと思っております。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 

TOE&TIEとして気持ち新たに、これからのたくさんの素敵な出逢いに胸を躍らせております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

+++

wedding in NAGASAKI

10.29.2015

新婦tomokoさんは私の高校の同級生。
久しぶりに会って話をすると、制服姿で遊んでたあの頃のことが、鮮明に思い出されます。
そんな青春時代を一緒に過ごした彼女の結婚式のお手伝いが出来るなんて、とてもありがたく嬉しい事だなと
感慨に耽った一日でもありました。

・・・・・・・・・・・・・・

DATE:2015.5.3
PLACE OF CEREMONY:馬込教会
PLACE OF PARTY:花月

 

 

結婚式当日のお支度は、tomokoさんのご実家で。
大学生になるまで住み慣れた大好きな我が家で、家族に見守られながらお支度。
庭いじりが大好きなお父さんが綺麗に手入れをしている庭を見ながらお支度が出来るなんてとても贅沢な時間でした。
009

048068150  169151

なんと身長差40センチ!いつも新郎を見上げる新婦tomokoさんはとても可愛かった♡

 

長崎には、とても素敵な教会がたくさんあります。
その中でもお2人が選んだ「馬込教会」は少し小高い丘の上に聳え立ち、教会から海を眺める眺望も素晴らしく、
国登録有形文化財にも指定されている歴史ある教会です。
神に誓いをたてる厳かな挙式に参列し、牧師先生の言葉や、聖歌隊の歌など、心に響くものがありとても感動しました。

177  217  248 277   300

 

挙式の後は、料亭「花月」で会食。
「花月」は坂本龍馬の刀傷がある有名な料亭です。
長崎独特の異国情緒が溢れる中、長崎の卓袱料理を召し上がりながらの会食はとても雰囲気があり
和やかな時間でした。
390 443 524 542 557 561

 

次の日は2人が出会った小学校で私服で撮影。一段とリラックスをし、笑顔が溢れる写真が撮影出来ました。
810  822 851 889 907

 

いろんな壁を乗り越えて、やっと辿り着いたこの日。
自分の為じゃなく、家族の為に結婚式をしてあげたい、常々語ってくれたtomokoさん。
決して口数は多くなく、常に気丈に振舞っていたtomokoさんのお父さんが会食の最後で、少しだけ照れくさそうに、涙を堪えながら声を震わせて「娘をたのむ・・・」と言った一言。
2人の想い、tomokoさんの想い、家族の想いをその場にいるみんなが共有出来た瞬間でした。
そんな、想いを揺さぶられる瞬間に立ち会えた事は、とても嬉しい事であり、これからも忘れないだろうと思います。

家族の想いが叶った、まさに2人らしい一日でした。

 

tomoちゃん、本当に本当におめでとう!!
お幸せに♡

+++

HAUSKA WEDDING

09.16.2015

ガーデンでウェディングパーティをする事がお2人の1番の希望でした。
晴れる事が大前提で1年以上かけて、進めていった準備。こんなに晴れを願ったパーティはありません。(笑)
そうして迎えた結婚式当日は、もちろん晴れ!空の青が清々しく、とても過ごしやすい気持ちがいい1日になりました!

・・・・・・・・・・・・・・

DATE:2015.4.29
PLACE:Guggenheim House

 

「hauska」はフィンランド語で、「楽しい」「嬉しい」という意味があります。「ハウスカーニバル」の意味も込めて、結婚式のコンセプトにしました。

大好きなみんなが楽しく、お家でくつろぐように、まるでお祭りの様に1日を過ごして欲しい・・そんな想いを込めたコンセプト。

まさにその通りの1日になりました。

 

テーマカラーはイエロー✳︎
お花は、春らしい黄色のお花をたくさん使い、新婦manamiさんが大好きなミモザを中心に、春らしい淡い優しい色のお花たちでコーディネート。笑顔が絶えない天真爛漫なmanamiさんにとてもよく似合っていました。

ドレスコードもイエロー✳︎
ゲストが色々な工夫をして楽しみながらイエローを取り入れている様子は、
ゲストが2人の結婚式をとっても楽しみにしてきたんだなという事がしっかり伝わってきました。

yin0008 yin0021   yin0039 yin0121 yin0127 yin0142 yin0163

 

お支度が出来たら塩屋の街へ繰り出し写真撮影。
駅前のレトロな雰囲気や、行き交う街の人の温かさも、旧グッゲンハイム邸で結婚式をする魅力のひとつです。

yin0213 yin0214 yin0227 yin0239 yin0263 yin0264 yin0277

 

ガーデンでの人前式は、笑いが絶えないお2人らしい楽しい挙式になりました。
そんな中、新郎kojiさんが新婦manamiさんに送った誓いの言葉がとても印象的で、いまでも心に焼き付いています。

 

「当時高校生の僕たちは、制服姿で自転車の2人乗りをしていました。一生懸命自転車をこいで汗だくになった僕のシャツを掴んで、 ”私のために汗かいてくれる人好き” ってあなたに言われた事、今でも忘れません。これからもあなたのために汗をかいて頑張っていこうと思います。」

誓いの言葉から浮かんでくる昔の情景がお2人らしくって、ゲストもほほえましく挙式を見守ってくれました。
yin0390 yin0408 yin0401 yin0412  yin0419 yin0457 yin0461 yin0466    yin0510 yin0513

 

「eat drink laugh!」
たくさん食べてたくさん飲んでたくさん笑って!
2人からゲストへのメッセージです。
お料理やテーブルコーディネートにもしっかりイエローを。

yin0012yin0335yin0729yin0339yin0757yin0367

manamiさんお手製はちみつレモンのシロップをお2人自らゲストにサービス。
白ワインや炭酸などお好みのドリンクで割って飲んでもらいました。
yin0674yin0719yin0652 yin0743

 

お色直しは、お友達が作ってくれたドレスにスニーカーを合わせて。
パンツスタイルにベールを合わせたコーディネートは、普段からおしゃれなmanamiさんだからこそ着こなせるスタイル。
yin0772yin0786yin0785 yin0788  yin0800 yin0811

 

パーティの最後は会場の中に移動。ゲストからのサプライズの映像のあとは、お2人からゲストへダンスのサプライズ!
準備の合間にたくさん練習したなかなか激しいロックダンスは、お2人らしいファーストダンスでした^^
会場も大盛りあがりです。

ダンスが終わった後のお2人のハイタッチが可愛すぎます♡

yin0869 yin0871 yin0886 yin0893

 

最後は新郎kojiさんからのサプライズ。
manamiさんに内緒で、伊勢の海に行き、あまちゃんさながらに素潜りをして、貝を採り、その中から真珠を見つけてネックレスにしてプレゼント・・・それをCMディレクターのkojiさん自らドキュメント風に仕上げた映像を披露。
新郎kojiさんからの、笑いあり涙ありの素敵すぎるサプライズでした♡

yin0903 yin0904 yin1007 yin0926 yin0930 yin0961 yin0972 yin0980  yin1003  yin1015

両家のご家族同士がとっても仲良しで、ゲストの誰よりもパーティを楽しむ姿は、とっても理想的な家族像だなと思いました。
いつも底抜けに明るくて周りを元気に、笑顔にしてくれるmanamiさん、そんな新婦manamiさんを温かく愛し続ける新郎kojiさん。そんな2人と、2人の家族と時間を共有したその場にいるゲスト全員が、たくさんの幸せをもらったHAPPYな1日でした。

 

+++

想いが伝わる結婚証明書

09.01.2015

色んな形がある結婚証明書。
決まりがあるわけではありません。
だからこそお2人らしさにこだわってほしいアイテムのひとつです。

・・・・・・・・・・・・・・
こちらの挙式会場に飾られているタペストリーもそのひとつ。
お2人が挙式の最後にサインをします。

そこには、お2人が大好きなジョン・レノンの歌の歌詞が綴られています。
ymm0185ymm0302

こちらのお2人は、タペストリーに結婚式のコンセプト、お互いの大切な想いを綴っています。

いまは家のリビングに飾って下さっているそうです!
ymm0271ymm0406
これは、紙の作家さんでもあり、カリグラファーでもある、
Aya Watanabeさんの作品です。

「字は体を表す」
「文は心である」

Ayaさんの作品に触れると必ず、そんな言葉を思いだします。
お2人の想いを感じ取り、形にしてくれる
だからこそ結婚証明書として価値がある唯一無二のものになります。

Ayaさんは、私も大好きで、とても尊敬する女性の一人です。
それは、自身の想いを表現するアーティストでもありながら、自身のフィルターを通して、人の想いも表現してあげれる人だから。
Ayaさんの表現は、文字だけではありません。
紙を通して、文字を通して、そしてAyaさんの人柄を通して、自身の想いが、創り出される作品のすべてに込められています。

こういった素敵な作品に出会い触れると
私もウェディングプランナーとして、

「想いを形にすること」
「想いを伝えること」
にもっと真摯に向き合っていきたい!と、感じさせてもらいます。

Aya Watanabe
http://ayawatanabe.wix.com/paper-papier-kami

+++

TODAY IS A GOOD DAY

08.28.2015

夏の台風が通りすぎた後は、晴れやかなお天気が続きます。

今年も大好きな夏が終わろうとしています。

これからの心地いい季節は、weddingのシーズン。

素敵な結婚式をたくさんお手伝いしていきたいと思います!

 

まだ少し肌寒かった4月初旬のwedding reportです。(季節が変わってしまいましたが・・(^_^;))

・・・・・・・・・・・・・・

DATE:2015.4.11
PLACE:Guggenheim House

 

今でもお二人の事を思い出す時、まず浮かぶのは優しく素敵な笑顔です。

 

どんな家族になりたいですか?

「散歩しながら季節のうつろいや小さな発見を一緒に楽しめるような、ささやかな幸せをいっぱい集めていけるような、そんな家族になりたいです」と、新婦minaさん。

その言葉通り、普段の暮らしの何気ない事も、お互いを想いやりながら、目一杯楽しんでいるんだなと、いつも感じていました。

「いつまでの恋人のような夫婦でいたいです」と 新郎hiromitsuさん。

少しだけ恥ずかしがり屋な新婦minaさんのはにかむ笑顔を、いつもあたたかい視線で見守る姿をたくさん見せていただきました。

 

結婚式前日は雨。

準備をしながら、携帯で終始天気予報をチェックしながら、1時間ごとに変わる降水確率に

みんなで一喜一憂(笑)。当日は無事お天気になりました!

 

yst0023 yst0017 yst0016 yst0240

 

hiromitsuさんは、ドレスを選ぶためのフィッティングにもいつも一緒にいらっしゃって

ドレス姿のminaさんを、とても嬉しそうに愛おしそうに見つめていらっしゃいました。

それまで何度もドレス姿をみていたはずのhiromitsuさん。当日支度を終えたminaさんをみると大粒の涙・・・

その純粋で自然に溢れる涙に恥ずかしそうに照れくさそうに笑うminaさん。そんな場面に周りのスタッフも涙・・・

yst0073 yst0115 yst0121 yst0242yst0165 yst0171 yst0400

 

挙式では、涙をするminaさんの涙を優しく拭いてあげるhiromitsuさん。

ゲストの皆様も微笑ましく見守っていました。

「TODAY IS A GOOD DAY」

お二人が大好きなお店で購入した作家さんの作品はお二人の大切な宝物であり、結婚証明書になりました。

yst0343 yst0294 yst0337  yst0353

 

披露宴では、ピアノの先生であるminaさんの演奏や、ご友人のスピーチ。

お色直しでは、お祖母様にもらった着物にこの日初めて袖を通しました。洋館での着物姿は、実はとっても絵になります!

yst0410 yst0220 yst0787 yst0775 yst0746 yst0590 yst0658 yst0660 yst0735 yst0806 yst0810

 

二次会はガーデンで。夕暮れにかけてのパーティ。ライトに照らし出された空間に、お二人を囲む祝福の輪、海からの風は優しく、時間を忘れてまるで外国でのパーティのようでした。

yst0890 yst0861 yst0896 yst0910 yst0918 yst0950 yst0946 yst0873yst0952

 

当日までの大切な時間をご一緒させていただきました。当たりまえにある日常の中に小さな幸せを見つけて、日々の生活をめいいっぱい楽しむお二人の姿には揺るぎない幸せを感じました。

お二人が作り出す日常の幸せの延長線上に私たちものせていただいた、そんな想いのする素敵な幸せな結婚式でした。

 

先日そんなお2人から「もう一人家族が増えます!」ってとっても嬉しい報告がありました♡

2人が家族になり、そして家族が増える・・・そんな幸せを一緒に分かち合える、ウェディングプランナーという仕事はとても幸せな仕事だなあと、いつも感じています。

私達と出逢ってくれた新郎新婦様にはいつも感謝感謝です。(>_<)

 

hiromitsuさん、minaさんいつまでもお幸せに!!

 

 

 

 

 

 

+++

最高の1日

04.15.2015

DATE:2015.3.15
PLACE:Guggenheim House

 

新婦rieさんが結婚を決めた理由
「彼を幸せにしてあげたいんです」
新郎naokiさんが結婚を決めた理由
この人とずっと一緒にいられたらどれだけ幸せなんだろうと思えたんです」
おふたりのその言葉がずっと心に残っています。
そんな頼もしい言葉からは想像できないくらい、いつも優しい笑顔と穏やかなテンポで癒しをくれる新婦rieさん
でも、強い芯を持って、新郎naokiさんを支えている様子が最初の言葉から伝わりました。
結婚式を創っていく上で、おふたりがこだわった、
「2人らしい結婚式」
なぜ結婚式をするのか
みんなに何を伝えたいのか
みんなにどういう風に楽しんでもらいたいか
その答えを出すために、たくさん話してたくさん考えて、迎えた当日。
まさに、その日は「2人らしい結婚式」となりました。

 

当日の朝は、準備からスタート!
楽しそうにおふたりで写真を飾っている様子を見ていたら、結婚式の当日だなんていうこと事をすっかり忘れてしまうくらい時間が自然とゆるやかに流れていきます・・・

ymm0033 のコピー

ymm0035 のコピー

ymm0012 のコピー

ymm0061 のコピー

 

スタッフが一番涙をした場面。

「first meet」
結婚式当日までドレスを内緒にしていた新婦rieさんから新郎naokiさんへのサプライズ。
いつも照れ屋で、すこし人見知りな新郎naokiさんが、人目をはばからず大粒の涙を流しながら笑っていました。
それをにこやかな笑顔で拭いてあげる新婦rieさん。
その場面が、まさにおふたりを表現していて、周りのスタッフも思わず涙・・
ウェディングドレス姿って、すごい力があるんだなと改めて気付いた瞬間でした。
  ymm0145 のコピー
  ymm0148 のコピー
  ymm0152 のコピー
  ymm0159 のコピー
 撮影も「2人らしく」楽しく♪
 ymm0201 のコピー
 ymm0204 のコピー
 ymm0223 のコピー
 ymm0175 のコピー
 ymm0272 のコピー
美味しいものを食べて、お酒を飲むのが大好きなおふたり。
結婚式でもゲストに美味しい食事とお酒で、最高に楽しい時間を過ごしてほしい。
そんな想いを表現したかったからこそ、
テーマカラーは「美味しい色」。
その思いを表現してくれる
volverの宍倉さんに料理をお願いしました。
おふたりがこだわった「美味しい色」、きれいに表現してくれました!

ymm0299 のコピー

ymm0296 のコピー

 

ガーデンで予定していた挙式は、雨のため急遽、2階のテラスで行うことになりました。

窓から海が見える、そんなロケーションの中、ゲストとおふたりの距離がぐっとさらに近くなったことが感じられる、アットホームな挙式となりました。

ymm0337 のコピー

ymm0343 のコピー

ymm0359 のコピー

ymm0364 のコピー

ymm0366 のコピー

ymm0371 のコピー

ymm0387 のコピー

「なるべく小さな幸せと、なるべく小さな不幸せを、なるべくいっぱい集めていける、そんな2人で、これからも一緒に歩んでいきましょう」
心に響く言葉を”誓いの言葉”に、ブーケを手渡す新郎naokiさん。
ymm0425 のコピー
ymm0434 のコピー
ymm0464 のコピー
今回の結婚式のメインアイテムとなったタペストリー。
おふたりが一緒にいることで気付いたこと、ゲスト伝えたいことを言葉にして、1枚のタペストリーに綴っています。
ymm0473 のコピー
ymm0650 のコピー
ymm0724 のコピー
ymm0635 のコピー
ymm0735 のコピー
ymm0620 のコピー
ymm0622 のコピー
ymm0606 のコピー
 ymm0765 のコピー
「きっと幸せってお互いを思いやること。シンプルで大切な事を2人でいることで気付ける」
こう話すおふたりを見て”なんてnaokiさんとrieさんらしい言葉なんだろう”と感じ、結婚ってきっとこういうことだな、と私も改めて気付くことができました。
1日をめいいっぱい楽しんで、笑顔が絶えない新郎naokiさんと、微笑みながら彼を見つめる優しい表情の新婦rieさんがとてもが印象的なパーティー。
そんな2015年3月15日はまさに最高(315)の日となりました!

ymm0784 のコピー

ymm0787 のコピー

 

いつまでも「2人らしく」お幸せに✳︎

+++

2 / 3123