TOE&TOI

Our Journal

profile movie&photo

05.26.2016

今日は、素敵な撮影風景をご紹介したいと思います。

挙式本番を迎える前に、和装ドレスで前撮りされる方もたくさんいらっしゃると思います。
当日はどうしてもバタバタしてしまい、家族とゆっくり写真が撮れなかった、思っていたショットが撮れなかった・・・といった事もありますが、落ち着いた気持ちでゆっくりと撮影出来るので、前撮りもとてもお勧めです。

今回の紹介する新郎新婦様は、「2人らしい写真を残したい!」という想いで、ドレスではなく、私服での撮影を選びました。
場所は、1年前にプロポーズをした思い出のキャンプ場。
フェスが行われていたその場所で、ライブを聴いたり、ワークショップに参加したり・・と思い思いに過ごしながら、写真撮影をしました。シャボン玉や、サングラスや、テントや・・・色んなアイテムも用意し、楽しみながら撮影をしたので、どの写真もとても楽しそうです!
写真から笑い声が聞こえて来そうなくらい、幸せな写真ばかり。
普段のまんまの2人だから、緊張も全くなく、笑顔もとても自然です。
お2人の事を知らない人も、写真を見ると「普段もこんな風に2人で過ごしているんだろうな」と、きっと感じる事が出来る、そんな写真ばかりです。

動画撮影では、2人の出会った頃の話やお互いの第一印象、プロポーズの事など、をインタビューしながら、撮影。
それを結婚式の当日にprofile movieとして流しました。
小さい頃の写真や、学生時代の写真を編集したprofile movieもとても素敵ですが、普段の何気ない様子を垣間見れる事も、きっとゲストにとってはとても微笑ましく嬉しい事だと思います。

撮影当日は、雨の予報でしたが、撮影の直前に奇跡的に晴れました!
そんなエピソードもなんだかお2人らしくって、そんな曇り空も吹き飛ばすぐらいのお2人の笑顔はみんなを幸せにしてくれます。

そんなお2人の結婚式がゴールディンウィークに行われました。
いま思い出しても、涙が出てくるくらい、たくさんの幸せをもらった素敵な1日になりました。
そんなお2人のwedding reportもブログでアップしようと思います!
もう少し先になると思いますが・・・(>_<)
お楽しみに♪

IMG_0771 IMG_0788 IMG_0798 IMG_0802 IMG_0806 IMG_0855 IMG_0864 IMG_0892 IMG_0910 IMG_0915 IMG_0927 IMG_0967 IMG_0991 IMG_1016 IMG_1028 IMG_1033 IMG_1055 IMG_1061 IMG_1134

IMG_1141 IMG_1201 IMG_1231 IMG_1258 IMG_1263
IMG_1301 IMG_1311 IMG_1321
IMG_1345 IMG_1356 IMG_1360

 

 

 

PLACE:Campagna Tsumagoi campsite
photographer:Yosuke Kinoshita
http://cphotographic.com

+++

苦楽園の素敵なお花屋さん

02.03.2016

yhh0702
今日はTOE&TIEのWEDDINGの装花をお願いしておる大好きなフローリストさんのご紹介です!
「ririnono」さんは西宮の苦楽園口にあります。
細い路地を入ると閑静な住宅街に表れるお花屋さん。
苦楽園の素敵な街並みに馴染んでいて街の方からも愛され、
お店の雰囲気も甘すぎない可愛らしさがあるお店です。
店主でフローリストのreikoさんは、おっとりした喋り方でとっても可愛らしい女性。
意外と男前な一面も持ち合わせていて(笑)ただ可愛いだけじゃない、内面から出る美しさと強さを感じ、
私もこんな女性になりたいなあと憧れてしまいます(>_<)
そんなreikoさんの雰囲気がお花にもよく表れているなあと、作られた色んなお花を見てそう感じます。
普段どこかの結婚式場でたくさん結婚式の装花をされているというわけではなく、
ご紹介させて頂いた1組1組のお客様にしっかりと時間をかけて、新郎新婦さんの頭の中にあるイメージや、希望を上手に引き出してくれて、目に見えないものをしっかりと形にしてくれます。
TOE&TIEのお客様への想い、結婚式への想いもしっかりと受け止めてくれ、理解してくれるからこそ、一緒の想いをもって結婚式を作り上げていくことが出来る、TOE&TIEにとっても大切な大切なパートナーであり、絶大な信頼を寄せるフローリストさんです。
普段は、そんなreikoさんに、大切な方へのお花や、自分へのご褒美に買って帰るお花をお願いします。
 こんな雰囲気で、ということをお伝えするだけで
イメージ以上のお花を作ってくれてるので、reikoさんのお花にはいつもワクワクさせられます!
ぜひ一度会いに行かれてみてください^^
reikoさんのセレクトされたセンス溢れる素敵なお花に触れるだけで、癒される事間違いないです!
「ririnono」flower and green design

+++

想いが伝わる結婚証明書

09.01.2015

色んな形がある結婚証明書。
決まりがあるわけではありません。
だからこそお2人らしさにこだわってほしいアイテムのひとつです。

・・・・・・・・・・・・・・
こちらの挙式会場に飾られているタペストリーもそのひとつ。
お2人が挙式の最後にサインをします。

そこには、お2人が大好きなジョン・レノンの歌の歌詞が綴られています。
ymm0185ymm0302

こちらのお2人は、タペストリーに結婚式のコンセプト、お互いの大切な想いを綴っています。

いまは家のリビングに飾って下さっているそうです!
ymm0271ymm0406
これは、紙の作家さんでもあり、カリグラファーでもある、
Aya Watanabeさんの作品です。

「字は体を表す」
「文は心である」

Ayaさんの作品に触れると必ず、そんな言葉を思いだします。
お2人の想いを感じ取り、形にしてくれる
だからこそ結婚証明書として価値がある唯一無二のものになります。

Ayaさんは、私も大好きで、とても尊敬する女性の一人です。
それは、自身の想いを表現するアーティストでもありながら、自身のフィルターを通して、人の想いも表現してあげれる人だから。
Ayaさんの表現は、文字だけではありません。
紙を通して、文字を通して、そしてAyaさんの人柄を通して、自身の想いが、創り出される作品のすべてに込められています。

こういった素敵な作品に出会い触れると
私もウェディングプランナーとして、

「想いを形にすること」
「想いを伝えること」
にもっと真摯に向き合っていきたい!と、感じさせてもらいます。

Aya Watanabe
http://ayawatanabe.wix.com/paper-papier-kami

+++

SAVE THE DATE

11.16.2014

秋の訪れを感じる間もなく、すっかり冬を迎えたような寒い日が続いています。

冬が苦手な私にとって、朝、布団からなかなか出られない毎日です!

 

さて、TOE&TIEでは、来年の春に結婚式を挙げられる方のお打合せが始まっています。

この時期は、お二人とたくさんお話をし、結婚式でやりたい事をリストアップしたり、

結婚式への想いをコンセプトにし、それを装飾にどのように表現するか、など

そんなお打合せが始まります。

 

その中で、TOE&TIEでおすすめしているのが、

「SAVE  THE  DATE」をゲストに送る事。

招待状を送るのが結婚式の約2、3ヶ月前。

それよりも早い、約1年〜6ヶ月前に「あなたに是非来てほしいので、この日をあけておいて」

という意味を込めて親しい人に送るカードです。

欧米では一般的ですが、日本でも出す人が増えています。

 

カードのデザインは様々です。

お二人の結婚式のコンセプトを表現したり、二人の写真、二人の好きな景色の写真、二人が好きなもの・・・など、特に決まりはありません。

(写真のSAVE THE DATEは、お家が大好きな二人が、家の周りの風景を撮影したものです!)

 

ゲストの方にとっては、結婚式の日を空けておくという事はもちろん、カードを手にすることで

「どんな結婚式なんだろう」と期待も高まり、

よりお2人の結婚式を楽しみにしてくれるはず!

お二人からゲストへの、ひとつのおもてなしです。

 

「SAVE THE DATE」からはじまるwedding。

とってもおすすめです☆

+++